実印として使える印鑑のサイズについて

登録することができる印鑑のサイズは各地方自治体の条例によって決められています。そのため、各地方自治体の条例によって決められている大きさの印鑑を登録することによって、実印として使うことができます。しかし、各地方自治体によって少しですが、実印として使うために登録することができる印鑑のサイズに違いがありますし、登録する際の印鑑が地方自治体によって決められているサイズに合っていない場合には、適切ではないと判断されてしまって登録が認めてもらえない可能性もあります。そのため、実印として使うための印鑑を作成する際には、登録することができるように各地方自治体によって決められている大きさなどをあらかじめ確認してから作成することが大切です。そして、各地方自治体の条例によって決められている大きさの範囲内であれば、好きな大きさの印鑑を実印として使うことができますが、実印として使う印鑑をあまりに小さいものにしてしまうと他の印鑑と間違えやすくなってしまってしまいますし、作成する印鑑の大きさによって入れることができる文字数などは変わってきますが、印字があまりに小さくなってしまうと文字が分かりにくくなってしまう場合もあるので注意が必要です。そのため、人によっては他の印鑑と間違えないようにするためにも、実印として使う印鑑は比較的大きめのものを作成したり、男女や目的などによって異なる大きさの印鑑を作成する場合もあります。

実印はなぜ必要なの?実印の意味と重要性

実印とは要するに、住民登録をしている自治体の役所に登録の届出をした印鑑のことで、これを押すことは確かに本人がその契約に同意したという意味を持ちます。このため実印は個人が持つ印鑑のなかでは最も重要なものです。
実印の重要性が高いのは、それを押せば印鑑登録をした本人が契約に同意したのだとみなされるからです。つまり本人確認の手段となるということです。逆に言うと、それ以外の判子で重要な契約を結ぶことはできません。登録されていない判子なら百円ショップで買うこともできるので、本人であることを確認できないからです。本人かどうかも分からない人間と契約を結ぶ人はいませんし、もちろんそんなことをする企業もありません。ですから大きな買い物をするときや住宅ローンを組むとき、あるいは結婚するときなどの何か重要な契約を結ぶときは、必ず実印を押す必要があります。それが契約が確かに結ばれたという証明になり、もし契約の不履行などがあって裁判沙汰になったときは、法的な証拠として使われることになるのです。少し大げさな言い方をすると、実印はその人がその人であることの証明となる印鑑なのです。
このように実印は非常に重要な意味をもつものなので、もし盗難にあったりすると大変なことになります。盗んだ人間がそれを使って契約を行えば、役所に登録されている持ち主が契約に同意したことになってしまうのです。ですから紛失や盗難には注意が必要ですし、認印や銀行印と同じ印鑑を使うのは絶対に避けるべきです。

綺麗な印影になる実印の押し方

実印を押す際にあまり力を入れないで押してしまうと、文字などがかすれてしまう場合があります。そのため、綺麗な印影にするためには力を入れて押すことがポイントです。しかし、鮮明にしようと力を入れ過ぎた押し方になってしまうと文字などのズレや歪みなどが生じてしまいますし、場合によっては紙などが破けてしまったり、せっかくの実印がかけてしまう恐れもあります。そして、押す力のバランスが偏ってしまうと印影の一部がかすれてしまったり滲んでしまう可能性もあります。そのため、力を入れて押すといっても力を入れ過ぎなようにすることがポイントです。そして、実印を押す際に上から下に向かって垂直に押してしまうことも文字などのかすれやズレなどの原因になってしまう場合があります。そのため、下にまっすぐ押すよりも少し斜めから押すことによってかすれやズレなどを軽減することができます。そして、実印の中にはサイズが大きいものがありますが、大きいサイズのものを押す際には周りなどがかすれやすくなってしまう場合があります。そのため、大きいサイズの実印などの押し方として、周りなどがかすれないようにまるを書くように少し重心を動かすことによって綺麗な印影にすることができます。しかし、実印を動かしすぎてしまうと紙から離れてしまってズレや歪みなどの原因になってしまう場合があります。そのため、紙から離さないように重心を動かすことがポイントです。